在宅診療

在宅診療の内容

もみじ在宅診療所の診療内容や対応

当院の訪問診療

当院は強化型在宅療養支援診療所です。
箕面市、豊中市、池田市、茨木市の患者さんに訪問診療を行っています。

訪問診療とは、ご自宅や入居されている施設等へ、医師が定期的に訪問して診察することです。

対象となる方は、病気や年齢による制限はありません。
お一人での通院が難しい患者さんであれば、どなたでも訪問診療に伺うことができます。
そして、計画的に診察、治療、処方や検査、健康管理や療養相談を行います。

訪問診療の目的は、病気を治すことだけではありません。
訪問診療を通して、患者さんやご家族が安心して在宅での療養生活を続けられるように、医療の専門家、マネージャーとして総合的にサポートさせていただきます。

今まで総合病院や専門医を受診されている場合も、主治医の先生と連携しながら、併用して訪問診療を行うことも可能です。

急変時や不安な時は、
24時間365日連絡がとれる、
往診ができる

当院では、訪問診療を行っている患者さんに対して、急変時やご不安な時は、24時間・365日の体制でいつでも連絡が取れるようにしています。
夜間や休日も電話対応し、必要に応じて診療時間外でも医師が往診できる体制を取っています。

万が一入院が必要となった時には、ご希望の病院や連携病院への紹介・手配をさせていただくことも可能です。

入院が必要な時は

在宅療養を行っている最中に、入院が必要となった時や入院希望があった際には、連携病院等へのご紹介・手配を行います。
病状の変化により一刻を争う場合には、救急車を呼んでいただくこともあります。

また、ご自宅で訪問診療を受けながら、精密検査やさらなる治療が必要な時には、専門病院やドクターを紹介し受診していただくことも可能です。

箕面市立病院、市立豊中病院、市立池田病院、国立循環器病センター、大阪刀根山医療センター、大阪大学医学部附属病院、関西メディカル病院、済生会千里病院などと連携をとり、最適な治療を行っております。

訪問診療の対象となる方

お一人で通院することが難しい患者さんは、ご病気、ご年齢に関係なく在宅医療の対象となります。

  • 病院から退院し、ご自宅での療養を希望される方。
  • クリニックや病院へ外来通院中だが、通院が難しくなってきた方。
  • 自宅や施設での訪問診療を希望される方。
  • 神経難病など療養中の方。
  • また呼吸器、気管切開、その他医療処置の継続が必要な方。
  • 呼吸器疾患や心臓疾患のため、在宅酸素療法を行っている方。
  • 脳血管疾患による障害など、医療的ケアが必要な方。
  • 認知症、御高齢などにより、徐々に全身が弱ってきた方。
  • 気管切開、人工呼吸器装着、尿カテーテル、経管栄養(胃ろう・経鼻胃管)、中心静脈栄養、褥瘡(床ずれ)など、重度の医療処置が必要な方。
  • 進行がんにより、自宅でのターミナルケア(緩和ケア)を希望される方。
  • 自宅での安らかな看取りを希望される方。

がん患者さんの緩和ケア、
看取りについて

昭和の中頃まで、日本では自宅で看取るということは日常的に行われていました。
しかし、現在ではおおよそ80%以上の方が病院で最期を迎えています。

「住み慣れた家で過ごしたい!」と希望される方は多いものの、病状が悪化すれば多くの方が病院に入院し、最期を迎えます。

病院に入院し、当然のように点滴や医療処置を続けることで、患者さんご本人が良い最期を迎えられるのだろうか?
私自身、病院に勤務していたときからずっと疑問に思っていました。

食べられないから点滴をする。
点滴をするため、手足や体のむくみが強くなり、のどに唾液や痰が貯まってくる。
窒息するのを防止するため、昼夜を問わずのどの吸引が必要になる。
胸水や腹水がたまり、つらいため、針を刺して胸水や腹水のドレナージをする。
処置後は一旦楽になるけれども、しばらく経過するとまたつらくなってくる。

歳をとった時、治らない病気になった時、亡くなるその時まで病院で医療処置を続けている。
本当に必要なのか?
そんな最期でいいのか?
そんな疑問が、私たち“もみじ在宅診療所”が在宅医療を行う出発点です。

病院での最期よりも自宅での最期の方がつらい。そんな事はありません。
もちろん医療用麻薬などを使用し、正しい知識で適切な緩和ケアを行うことは必要ですが、自宅での緩和ケアはホスピスや病院で行う緩和ケアと遜色はないと思います。

「住み慣れた家ですごしたい・・・」患者さんのその自然な気持ちを大切にし、できる限り住み慣れた家庭や地域で過ごせるように。
そして身近な人に囲まれて最期を迎えることも選択できるように支援していきたいと考えています。

今後自分の体にどんな変化が起こり、どうなっていくことが予想されるのか。
それに対し、どう対処し訪問診療を行っていくのか。
納得できるまで医師とご本人、ご家族がお話をし、それから一緒にオーダーメイドの緩和ケアを行っていきたいと思います。

もみじ在宅診療所(強化型在宅療養支援診療所)の在宅医療は医療や介護の専門家でチームを組み、24時間365日の体制でご本人、ご家族を支えます。

在宅ホスピスケア
ハンドブックについて

もみじ在宅診療所では、緩和ケアを行っているがん患者さんや難病患者さんなど、最期まで住み慣れた家で過ごすことができるようにサポートを行っています。

ご自宅での看取りを希望される方に向けた「在宅ホスピスケアハンドブック」を作成してお渡ししております。
ご本人が望まれる場所で最期まで自分らしく過ごされ、穏やかな旅立ちを迎えられるように、また介護されているご家族の方々の参考になればと思い作成しました。

在宅ホスピスケアハンドブック