消化器内科

当院の消化器内科について

もみじ在宅診療所では、消化器内科を専門的に診察しています。

消化器内科では、“おなかの病気”=消化器疾患を診療します。
食べ物の通り道である、食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆のう、すい臓などの臓器についての専門的な診察、治療を行っています。

消化器内科の主な病気

食道
逆流性食道炎、胃食道逆流症(GERD)、食道がん
胃潰瘍、胃炎、ヘリコバクター・ピロリ胃炎、胃ポリープ、胃がん
大腸
急性虫垂炎、大腸憩室症、虚血性腸炎、過敏性腸症候群、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病
肝臓
慢性肝炎、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎、肝硬変、肝がんなど
胆のう
胆石症、胆のうポリープ、胆のう腺筋症
すい臓
急性肝炎、慢性肝炎、膵のう胞、膵がん

消化器内科診療について

こんなことで困っていませんか?

  • 胃が痛い、吐き気がする
  • 下痢や、便秘をくり返している
  • 食後に胃がもたれる
  • 胸やけがする
  • お腹が痛い、ときどき便に血が混じる
  • 以前に胃潰瘍や胃がんになったことがある
  • 胃のポリープを指摘された事がある
  • ピロリ菌が心配
  • 健診で肝機能異常や貧血などを指摘された
  • 食道がんや胃がんが心配

皆様、お腹に関してこれらの悩みをお持ちになった事があると思います。

「むかむかするけど、お腹のどこが調子悪いのか分からない。」
「お腹が痛いけど、どこが痛いのか分からない。」
こんなあいまいな症状が出るのが、消化器疾患の大きな特徴です。

当院では、このような曖昧なお悩み、症状をお持ちのかたをお待ちしています。
まずは詳しくお話をうかがい、丁寧に診察し、必要があれば腹部エコー検査や胃カメラ(胃内視鏡検査)などで精査をすすめていきます。

腹部エコーでは、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、大動脈などを検査することが可能です。
診察時すぐに検査を行う事ができ、10~15分程度で肝臓や胆のうなどの様々な病気を検出することが可能なため、腹部疾患の診察にはとても有用な検査となっています。

エコー

また、当院では胃カメラ検査も毎日行っております。
消化器内視鏡学会専門医による長い経験と最新の知識をもとに、苦痛の少ない経鼻胃内視鏡検査を行っています。

胃カメラ

苦痛の少ない胃カメラ
(経鼻胃内視鏡検査)

経鼻胃内視鏡検査

検査のお申し込み、検査の流れについて

  • 胃カメラをご希望の方は、一度外来を受診して下さい。
    診察は外来時間であれば、いつでも受け付けています。
    そこで、検査日時を予約させて頂きます。
  • 胃カメラの予約はお電話でも受け付けています。
    お電話でお話をうかがった後、予約する事も可能です。
    電話予約の場合、予約日にお越し頂くだけで検査を行う事が出来ます。
    電話番号
  • 検査前の処置などは、当院のマニュアルに沿ってご説明致します。
    出来るだけ絶食の時間が短くなるように配慮させて頂きます。
  • 内服薬や飲食については、当院のマニュアルをお渡しし説明させて頂きます。

当院が目指す内視鏡検査

病気の早期発見のための精度の高い検査

もみじ在宅診療所では、消化器内視鏡専門医による精度の高い胃内視鏡検査を行っています。
食道や胃、十二指腸にいたる病気を早期発見し、早期に治療につなげることが大事だと考えています。

定期的に受け続けられるように・・・ 
苦しくない、オエッとしない、負担の少ない検査

内視鏡検査は “一生に一回受けて終わり” ではなく、年1回など定期的に検査を続けていくことが大切な検査です。
「つらくなかった。また来年も受けてみよう!」と思える負担の少ない内視鏡検査をいつも心掛けています。
「以前に内視鏡検査を受けて、とてもつらかった」という方も、ご遠慮なく当院までご相談ください。

内視鏡の洗浄や、使用する周辺機器には徹底した衛生管理を行っています。

当院では、日本消化器内視鏡学会の『消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化に向けたガイドライン』をもとに、内視鏡の感染対策として徹底した衛生管理を行っています。
内視鏡洗浄システムにより高いレベルの洗浄、消毒を行い、内視鏡を常に清潔に保っています。
検査器具はディスポーザブルの物を使用、またはオートクレーブを用いて滅菌した物を使用しています。

胃カメラをお勧めする方

食道や胃の疾患には、胃カメラによる早期の検査が重要です。
できるだけ早期に病気を発見できるよう、多くの方に胃カメラを受けて頂きたいと考えています。

このような方には積極的に検査をお勧めしています。

  • 血縁者に胃がん、食道がんの人がいる
  • 胃がおもい、もたれる、ときどき胃が痛い
  • 貧血を指摘された
  • 胸やけがする
  • 胃潰瘍と言われたことがある
  • 胃がんを予防したいと考えている
  • 内視鏡検査をしたことがない、または長く検査をしていない
  • 健診で胃の異常を指摘された
  • 以前にピロリ菌の除菌を行った
  • ピロリ菌の有無を調べたい、あれば除菌したい
  • ものが飲み込みにくい、喉がつかえる
  • 40歳になった
検査のお申込み・検査の流れについて

当院の胃カメラ検査について

  • 1.当院では、苦痛の少ない検査を行うため、経鼻による胃内視鏡をお勧めしています。(経口の内視鏡検査を行う事も可能です)
  • 2.検査を行う前には、安全性に配慮して計画された独自のプロトコールにより、粘膜収縮薬や局所麻酔薬のスプレーをくり返し行います。(約20分程度かけて念入りに鼻と喉の麻酔をします。)
    これにより、検査時の苦痛やオエッとなる事はとても少なくなります。
    その上で、径の細い内視鏡を用いて苦痛のとても少ない内視鏡検査をおこなっています。
  • 3.早期病変の正確な診断のために、特殊な画像強調装置(NBI)のついた最新鋭の内視鏡を用いて検査を行っています。
  • 4.当院では感染症を予防するため、徹底した衛生管理を行っています。
    内視鏡洗浄システムを用い常に内視鏡を清潔に保ち、使用する器具は毎回オートクレーブを用いて滅菌しています。
NBIを用いた内視鏡検査

がん等の増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変近くの粘膜には、多くの小さな血管が集まりやすくなると考えられています。
この小さな血管をいち早く発見することが、病変の早期発見には重要です。

”NBI” は、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長の光を照射することで、粘膜表層の毛細血管、粘膜微細模様が強調表示される観察技術です。
これにより、がん等の早期発見に寄与することが期待されています。

通常光
通常光
NBI画像
NBI画像
鼻からの胃カメラ : 経鼻内視鏡

胃カメラは細い方が楽に受けられるものの、カメラを細くすると画像が悪くなり、病気を見つけにくくなるという問題がありました。
しかし、最近ではハイビジョン画像もみられ、口からの胃カメラと遜色ない画像が得られるものとなっています。
また、太さも口からのものよりもずいぶんと細くなり、鉛筆よりも細く、うどんと同じ程度の太さまで細くなっています。

胃カメラサイズ
先端部サイズ
苦痛の少ない経鼻内視鏡

胃カメラ検査は吐きそうになるなど苦しい検査のイメージのかたもおられると思います。

吐き気を感じる場所

のどの奥には触れると吐き気を感じる場所があり、以前の口からの胃カメラ検査ではここにカメラが強く触れることが多く、検査が苦しくなる原因となっていました。

鼻からの胃カメラ検査

鼻からの検査ではこの場所にカメラが触れにくいため、吐き気を感じることが少なくなっています。
また、経鼻内視鏡はカメラ自体が細いため、カメラが触れても刺激が少なく吐き気を感じにくくなっています。
当院では鼻、口のどちらからでも検査が行えますが、楽に受けられる人が多いため基本的に鼻からの胃カメラ検査を行うことを優先しています。

ピロリ菌について

ピロリ菌とは

昔は、胃の中には胃酸(強い酸)があるため細菌は住むことが出来ないと考えられていました。
しかし1983年、西オーストラリア大学のロビン・ウォーレン教授とバリー・マーシャル教授により、胃の粘膜に感染するピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が発見されました。(2005年にノーベル医学生理学賞を受賞しました)
ピロリ菌は主に子供の頃に感染し、除菌治療を行わない限り、半永久的に持続感染を続けます。ピロリ菌に感染することにより胃粘膜に炎症が起こりますが、そのほとんどは無症状のまま経過します。
しかし最近の研究では、ピロリ菌は胃炎、胃、十二指腸潰瘍や胃がんなどの原因として深く関わっていることが明らかになっています。

胃がんのリスクを減らすためにも、ピロリ菌の除菌は重要であるといわれています。

ピロリ菌の検査、除菌を行うには、胃カメラ検査が必要です。

ピロリ菌検査、除菌を保険適応で行うためには、胃カメラが必要です。
胃カメラ検査を行った後、

  • 慢性胃炎 
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍

のいずれかと診断された場合には、
保険診療により2回までピロリ菌検査、除菌治療が可能です。

胃がんのリスクを減らすためにも、ピロリ菌の除菌は重要であるといわれています。

主なピロリ菌の検査方法

当院では、以下の方法を組み合わせてピロリ菌診断を行っています。

抗体検査

血液や尿を用いてピロリ菌に対する抗体検査を行います。
簡便で手軽に行う事ができ感度も高いため、ピロリ菌感染の有無を判定するにはとても良い方法です。
しかし、ピロリ菌除菌後に抗体価が低下するまで1年以上要することもあり、除菌後の確認にはあまり適していません。

便中ピロリ抗原検査

糞便中のピロリ菌抗原を検出する方法です。
便潜血検査などと同様に、便を少量専用の容器に入れて提出するだけで行えます。
感度や特異度が高く、ピロリ菌感染や除菌後の効果判定にはとても有用です。

尿素呼気試験

診断薬を飲んでいただき、服用前、服用後の呼気中の二酸化炭素量を測定することで、ピロリ菌感染を診断します。
簡単に行えて精度も高いため有用ですが、検査前に絶食する必要があります。

ピロリ菌の除菌について

検査でピロリ菌陽性となった場合、内服薬によるピロリ菌の除菌治療を行います。
胃酸を抑える薬+抗菌薬2種類、合計3種類の薬を1日2回1週間内服します。
これらがセットになった製剤が各製薬会社から発売されています。
治療後、検査でピロリ菌除菌が確認すれば治療は終了です。
この治療で成功する確率は70~90%程度といわれています。
しかし近年、抗菌薬に対する耐性菌の出現もあり、一次除菌での除菌成功の確率は少しずつ低下傾向にあります。

一次除菌での除菌不成功の場合、保険診療で二次除菌を行う事ができます。
抗菌薬を変更した3種類の薬を1日2回1週間内服します。