苦痛の少ない胃カメラ


食道や胃の疾患には、胃カメラによる早期の検査が重要です。
できるだけ早期に病気を発見できるよう、多くの方に苦痛の少ない胃カメラを
受けて頂きたいと考えています。

当院では、NBIを用いた内視鏡検査をおこなっています。

がん等の増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変近くの粘膜には、多くの小さな血管が集まりやすくなると考えられています。
この小さな血管をいち早く発見することが、病変の早期発見には重要です。
”NBI” は、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長の光を照射することで、粘膜表層の毛細血管、粘膜微細模様が強調表示される観察技術です。
これにより、がん等の早期発見に寄与することが期待されています。

苦痛の少ない胃カメラ
通常光通常光
NBI画像NBI画像

鼻からの胃カメラ : 経鼻内視鏡

胃カメラは細い方が楽に受けられるものの、カメラを細くすると画像が悪くなり、病気を見つけにくくなるという問題がありました。
しかし、最近ではハイビジョン画像もみられ、口からの胃カメラと遜色ない画像が得られるものとなっています。
また、太さも口からのものよりもずいぶんと細くなり、鉛筆よりも細く、うどんと同じ程度の太さまで細くなっています。

経鼻内視鏡
経鼻内視鏡

苦痛の少ない経鼻内視鏡

胃カメラ検査は吐きそうになるなど苦しい検査のイメージのかたもおられると思います。

ノドの奥には触れると吐き気を感じる場所があり、以前の口からの胃カメラ検査ではここにカメラが強く触れることが多く、検査が苦しくなる原因となっていました。

鼻からの検査ではこの場所にカメラが触れにくいため、吐き気を感じることが少なくなっています。
また、経鼻内視鏡はカメラ自体が細いため、カメラが触れても刺激が少なく、吐き気を感じにくくなっています。
当院では鼻、口のどちらからでも検査が行えますが、楽に受けられる人が多いため基本的に鼻からの胃カメラ検査を行う予定にしています。

  • 当院の胃カメラは鼻からの検査、口からの検査、いずれも可能です。
  • 非常に細い最新の胃カメラを用いて、苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。
    また早期病変の正確な診断のために、特殊な画像強調装置のついた最新鋭の内視鏡を用いて検査を行っています。
  • 胃カメラ検査をご希望の場合は、できるだけ速やかに検査が行えるように予約を行います。
    ご希望の方は一度受診をお願いします。検査日を早急にご予約いたします。
  • 胃カメラ健診も行っています。お気軽にお問合せください。
〒562-0003 大阪府箕面市西小路5丁目4-18
アクセス
  • 在宅診療
    24時間365日の対応
    箕面市を中心に北摂地域で訪問診療
  • 外来診療
    呼吸器内科・消化器内科・一般内科
    予防接種・健診
    休診日 水AM・土・日・祝